fulfill-santosのブログ

santos のカメラ日記です

Fujifilm の新カメラ X-H1 を導入しましたよ

f:id:fulfill-santos:20180308195301j:image

皆さま、こんにちは。Santos です。

 

3/1 にFujifilm から新発売となりました X-H1 を事前予約にてゲットいたしました。

 

それから約1週間ほど。まだ梱包をあけて数日使っただけですが、まずはファーストインプレッションということで、記事にしておこうと思います。

 

 f:id:fulfill-santos:20180308195444j:image

 

富士フィルムのカメラは、個人的にはまさに18年ぶり。昔にFinePix S1 Pro というニコンFマウントになっている一眼レフ以来であります。S1 Pro は、その当時は画期的だったわけですが、まあなかなか階調や感度特性などは厳しいものがありまして、、、すぐに手放してしまった記憶が蘇ってまいります。

 

f:id:fulfill-santos:20180308195810j:image

(S1 Pro というカメラが昔リリースされていた)

 

その時のイメージが強くこびりついているため「富士フィルムのカメラなんか!」ということで、食わず嫌いしていたのですが、どうもX-T2あたりから周りの評判が高くなってきたため、これは勉強しておくべき、ということでゲットすることになりました。

 

f:id:fulfill-santos:20180308200037j:image

 

まだXマウントなレンズはこの 23mm F2 一本のみ。とりあえずはこのベーシックな一本でカメラとしての素質を探ってみてから、今後を考えたいと思ってます。

 

f:id:fulfill-santos:20180308200246j:image

f:id:fulfill-santos:20180308200311j:image

f:id:fulfill-santos:20180308200337j:image

f:id:fulfill-santos:20180308200403j:image

f:id:fulfill-santos:20180308200426j:image

 

まずは何も考えず、銀座をブラブラしながら持ち歩いてみてスチールスナップを20枚ほど、シャッターを切った中からの作品をのせてみます。

 

X-H1 に23mm 単焦点で撮影し、その場で wifi接続でiPhone をつなぎ、そのまま吸い上げただけのものです。いや〜〜、いい感じではないですかね〜〜。

 

これはクラシッククロームの設定にしてますが、フィルムシミュレーションの恩恵は絶大。RAWはなくてもいいな、 Jpegそのままでいいな、というのが第一印象。

 

そして、シャッターもふくめ非常にレスポンスが早い、軽い。

 

ということで、まずはX-H1とのいいスタートを切りました。