fulfill-santosのブログ

santos のカメラ日記です

SONY α7RⅢ で動画+写真 の仕事をこなすコツ vol.20 〜必要最小限のカメラ強化策 RRSのLプレートという選択〜

f:id:fulfill-santos:20180216170917j:image

皆さま、こんにちは。Santosです。

 

α7RⅢ用のL型プレートをようやくゲットしたので、そのご紹介をしたいと思います。

 

RRS (Really Right Stuff :銀一 での取り扱い) というメーカーのものになります。

 

f:id:fulfill-santos:20180216171457j:image

 f:id:fulfill-santos:20180216172329j:image

 

元々はWEB直販しかなかったのですが、昨年あたりから銀一さん経由で日本での店販が始まっています。今回は月島にある「銀一スタジオショップ」に出向きまして、現物を確認して購入してきました。

 

f:id:fulfill-santos:20180216172427j:image

f:id:fulfill-santos:20180216171422j:image

このLプレートの良さはなんといってもその作り、精度、剛性、そうした良さにあります。

 

製造はアメリカのカリフォルニア州のファクトリーで作られています。アルミブロックから削り出しで作られることから、この剛性がもたらされるのでしょう。

 

アルカスイス規格のダヴテールになっており、アルカスイスなクイックリリースや雲台にダイレクトに装着できます。

 

今回はLプレートだけでなく、RRSのクイックリリースも一緒に購入してきました。決して安くはないブランドですが、その信頼性にはすでに定評があり、一度使い出すと戻れない魔力的魅力があります。

 

f:id:fulfill-santos:20180216173305j:image

f:id:fulfill-santos:20180216173420j:image

 

各カメラごとに専用設計となっており、今回はα7RⅢ + 縦位置グリップ付きの専用品をセレクト。Lプレートを装着したままでもバッテリー交換も問題なくできる、このような所に専用設計の良さがあります。

 

f:id:fulfill-santos:20180216173826j:image

 

このように、縦位置グリップを外す時もLプレートはつけたままで大丈夫。どこかが干渉してうまくはずれい、といったことがありません。

 

これをつけることで、三脚とのリリースが素早くなり、カメラの保護にもなります。仕事でαを使うなら、是非とも持っておきたいアイテムであります。

 

※土日祝日、ロケ日などはブログ更新をお休みいたしますので、あらかじめご了承ください(と、いいつつ、合間でできそうなときは、記事短いかもですが、頑張ります)。

 

 

2018/3/25 追記

α7RⅢをベースに書いてますが、この内容、3/20に発売されたベーシックモデルの α7Ⅲ でも参考になるかと思います。