fulfill-santosのブログ

santos のカメラ日記です

SONY α7RⅢ で動画+写真 の仕事をこなすコツ vol.11 〜カスタムキーで自分カメラに仕立てよう 「コントロールホイール」へのアサイン〜

f:id:fulfill-santos:20180130200657j:image

皆さま、こんにちは。Santosです。

 

前回に引き続き、カスタムキーのアレンジについての話題です。今回は「コントロールホイール」について考えてみたいと思います。

 

f:id:fulfill-santos:20180130201225j:plain

 

コントロールホイールへのアサインは、結論として、ワタクシはこのように設定しています。

 

・スチール撮影時 … 「フォーカス位置移動:左右」

 

・ムービー撮影時 … 「ISO感度

 

スチール時にわりと便利に使えるのがこの「フォーカス位置移動:左右」という機能。AF使用時ということですが、フォーカスエリア(フレキシブルスポット)を、ホイールをクリクリと回すことで左右水平に動かすという動作ができます。

 

α7RⅢになってから、液晶画面に対してのタッチパネルだけでなくタッチパッドもできるようになり、フォーカス位置をEVFみつつ指でなぞって動かす事ができるようになったのですが、個人的には、フォーカスエリアは上下センターを維持した状態で水平移動できるほうが何かと撮りやすい、というのがありまして、水平移動が容易な「フォーカス位置移動:左右」を使っています。

 

ムービーの時はほぼMFでしか撮りませんので、次に変更することが多いISO感度を設定する、ということで設定を使い分けしています。

 

それにしても、この「コントロールホイール」に割り当てができる機能が少ないな、というのが正直な印象です。せっかくのホイールなので、もう少し何かできないものでしょうかね?

 

ワタクシの個人的要望で言えば、ムービー時に、ホワイトバランスを色温度指定のモードにしているとして、ホイールで色温度をクリクリと回すことで50Kずつくらいで微調整ができたらいいな、とか。

 

ちょっともったいないな、というのが印象としてありますので、今後のファームアップに期待したいところです。

 

 

2018/3/25 追記

α7RⅢをベースに書いてますが、この内容、3/20に発売されたベーシックモデルの α7Ⅲ でも参考になるかと思います。